ベッドで悩む男性

横浜でバイアグラやレビトラ、シアリスを扱っているED専門クリニックを5つご紹介します。口コミやバイアグラの価格、診察費用などをまとめました。横浜でバイアグラを処方してくれるクリニックを探している方は参考にしてください。

クリニック価格表

医院名 初診料 再診料 バイアグラ
25mg
バイアグラ
50mg
レビトラ
10mg
レビトラ
20mg
シアリス
10mg
シアリス
20mg
イースト駅前クリニック
横浜院
無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥1,800 ¥1,700 ¥1,800
浜松町第一クリニック
横浜院
無料 無料 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,500 ¥1,800 ¥1,700 ¥1,800
横浜中央クリニック 無料 無料 ¥1,400 ¥1,500 ¥1,500 ¥2,000 ¥1,800 ¥2,000
関内マリンクリニック 無料 無料 ¥1,500 X ¥1,600 X ¥1,700 ¥2,100
横浜ベイサイドクリニック ¥2,100 不明 ¥1,575 ¥1,575 ¥2,100 ¥1,890 ¥2,100
イースト駅前クリニック横浜院

詳しくはこちら

イースト駅前クリニック横浜院

住所:〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸1丁目13-10 第2ニューヨコハマビル3F

最寄り駅1 : JR 横浜駅

電話番号 : 045-320-1181

強み・メリット

  • 駅から近い場所に立地しているので忙しい患者も気軽に利用できる
  • 医薬品メーカーとの連携で薬の処方代をリーズナブルに設定
  • WEB問診票の入力で来院~薬処方までの時間を短縮できる(来院の前日に提出)

診療時間

  • 月~金:10:00~14:30/15:30~20:00
  • 土、日、祝祭日:10:00~18:00

診察費用

  • 初診料:無料
  • 再診料:無料
  • バイアグラ:1,300円/25mg 1,500円/50mg
  • シアリス:1,700円/10mg 1,800円/20mg

口コミ

薬の副作用についても丁寧に答えてくれます。(20代男性 O.Kさん)

カウンセリングで、バイアグラやシアリスなどの副作用や価格について丁寧でわかりやすい説明をしてくれたので安心できました。

仕事柄、丸1日休めるのが日曜日だけなので助かります。(30代男性 D.Tさん)

2回目になると薬の処方だけで大した時間がかからないのもありがたいです。おかげで、すぐに家に戻ってくつろげます。

浜松町第一クリニック横浜院

詳しくはこちら

浜松町第一クリニック横浜院

住所:〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-19-4 神谷ビル4階

最寄り駅1 : JR 横浜駅

電話番号 : 045-410-1231

強み・メリット

  • 10万人以上のED治療に携わってきた豊富な実績
  • 遅い時間まで診察を行っている
  • 受付~処方箋の受け取りまで、全て男性スタッフが対応

診療時間

  • 月~金:10:00~20:00
  • 土:10:00~18:00
  • 日、祝祭日:10:00~16:00

診察費用

  • 初診料:無料
  • 再診料:無料
  • バイアグラ:1,300円/25mg 1,500円/50mg
  • シアリス:1,700円/10mg 1,800円/20mg

口コミ

同じEDに悩む友達に薦められたのがきっかけです。(30代男性 W.Kさん)

受付から処方までスムーズですし、体質に合った薬を選んでくれたので、予想以上に効果を実感できました。

自信を取り戻せた(20代男性 M.Yさん)

以前までは、性欲はちゃんとあるのに彼女の前では何故か勃起できない情けない状態に悩んでいました。やむを得ず薬に頼ろうと色々調べて、国内正規品だけを扱う浜松第一クリニックで処方を受けることにしました。やっぱり飲む前と後とでは全然違います。今では、無事に彼女とセックスに励めるようになりました。

横浜中央クリニック

詳しくはこちら

横浜中央クリニック

住所:〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F

最寄り駅1 : JR 新宿

電話番号: 0120-324-871

強み・メリット

  • 診察から処方まで「早い」「安い」がモットー
  • 健康保険証は不要、診察料、再診料は無料で処方箋代だけで済む
  • 無料のメール相談や無料のカウンセリングでいつでも気軽に相談できる

診療時間

  • 年中無休:9:30~20:00

診察費用

  • 初診料:無料
  • 再診料:無料
  • バイアグラ:1,400円/25mg 1,500円/50mg
  • シアリス:1,800円/10mg 2,000円/20mg

口コミ

処方薬に関する事前の説明がしっかりしていました(30代男性 A.Uさん)

薬を服用する前の食事に関する注意点を守ったおかげか、飲み始める前よりも力強く勃起しました。おかげで、無事にセックスレスが解消できました。

プライバシーが守られている(40代男性 N.Eさん)

事前予約はちょっと面倒でしたが、来院してすぐに診察室へ通してくれるので「誰かに見られた」という不安を感じません。それに費用も薬代だけで済むのはありがたいです。

関内マリンクリニック

詳しくはこちら

関内マリンクリニック

住所:〒231-0017 横浜市中区港町2-9-4 関内幸和ビル9F

最寄り駅1 : JR 関内駅

電話番号 : 045-222-6162

強み・メリット

  • JR関内駅の北口から徒歩0分
  • 患者さんのプライバシーを考慮し診察室へ呼ぶ際は問診票に書かれた番号で呼ぶ
  • 医師が親身に話を聞くため患者さんの状態に合った診断を受けられる

診療時間

  • 月、水、金:11:30~13:30/16:00~20:00
  • 火:16:00~20:00
  • 土:11:30~16:00
  • 日(第2第4):11:30~16:00

診察費用

  • 初診料:無料
  • 再診料:無料
  • バイアグラ:1,500円/25mg
  • シアリス:1,700円/10mg 2,100円/20mg

口コミ

駅から出てすぐのところにあるから、通いやすいですね。(40代男性 S.Yさん)

それに、カウンセラーや医師は親身になって相談に乗ってくれるので、恥ずかしがらずにEDの悩みを話せてスッキリしました。

プライバシーの保護が徹底している(30代男性 K.Kさん)

はじめて訪れたときは、専用の待合室に通されたので名前で呼ばれたらどうしようか冷や冷やしました。それとは裏腹に、プライバシー保護が徹底しているのか問診票に書かれていた番号で呼んでくれるので安心しました。

横浜ベイサイドクリニック

詳しくはこちら

横浜ベイサイドクリニック

住所:〒 231-0014 神奈川県横浜市中区常盤町3丁目36番地 関内SSビル6F

最寄り駅1 : JR 関内駅

電話番号 : 0120-617-615

強み・メリット

  • 患者さんのプライバシー保護の観点から完全予約制となっている(当日予約可能)
  • 患者さんの悩みや不安を取り除くために1人1人に時間をかけてカウンセリングを行う
  • 治療法は、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの他に「ICI療法」がある

診療時間

  • 月~金:10:00~20:00
  • 土:10:00~18:00

診察費用

  • 初診料:2,100円
  • 再診料:記載なし
  • バイアグラ:1,575円/50mg
  • シアリス:1,890円/10mg 2,100円/20mg

口コミ

カウンセリングの時間は長めでした。(30代男性 I.Eさん)

その分カウンセラーが親身に相談に乗ってくれたので、EDの悩みやかかる費用、薬のメリットデメリットなど、気になることを色々聞けてスッキリしました。

予定の調整がしやすい(20代男性 O.Mさん)

変動の激しいシフト制の仕事をしている身でも利用しやすいクリニックです。完全予約制なのに、当日急な予約でも対応してくれるので、しっかりED治療が続けられます。

バイアグラをかんたんに処方してもらう

自由診療なのでクリニックが自由に診察費を決めることができるのがバイアグラ治療です。

イーストクリニック横浜院は、
診察費無し薬代のみでバイアグラを好きな錠数入手することが可能なのです。

イースト駅前クリニック横浜院

しかも、
1錠 1,300円から。

どこよりも安く安心に手に入れることができます。

イースト駅前クリニック横浜院

こちらから予約すると5,000円以上の処方で500円割引キャンペーン中

素早く手軽に処方してもらえます

男性ならではの病気のひとつに、EDがあります。EDは勃起不全のことで、発症すると満足な性交を行うことができなくなります。日本人男性の4人に1人はEDに悩んでいるといわれており、男性にとっては非常に大きな問題となっています。しかし、「もしかするとEDかもしれない」と悩んでいる方であっても、ED治療を専門に取り扱うクリニックの受診は敷居が高いと感じる方が多くいます。デリケートな問題であるため恥ずかしいという意見もあれば、単純に受診するのが面倒だという意見もあるのです。

そんなEDの受診ですが、実際にはとても簡単に行うことができます。最近ではインターネットで簡単に予約することができますし、予約しなくても受診できるクリニックもあります。横浜にあるイースト駅前クリニック横浜院も、予約不要で受診することができるクリニックです。

また、すぐに受診するのではなく、まずはメールでの相談やセルフチェックを行うことで事前準備をすることもできます。セルフチェックにはSHIMというED問診票があり、5つの項目に答えるだけでEDの疑いがあるかどうかを簡単に確認することができます。こういったメールでの相談やセルフチェックでEDの疑いが発覚した場合には、ぜひED治療を専門に取り扱うクリニックを受診してみてください。

まずは予約、そして受付へ

2

ED治療を専門に取り扱うクリニックを受診したことがない方にとっては、どういった流れで受診するのかイメージがつかないこともあるかと思います。そこで、実際にどういった手順で診察を受けるのか、その流れをご紹介します。

まずは、クリニックの予約を行います。前述したように予約無しで受診できるクリニックもありますが、確実に受診するためにもできる限り予約を行うようにしましょう。予約方法は電話の他、インターネットで受付を行っているクリニックもあります。

予約を済ませたら、予約した時間にクリニックへ行き、受付を行います。受付では、特に身分証の提示などは必要ありません。現在服用している薬があれば提示しておきましょう。EDの主な治療法は薬物治療であり、現在服用している薬によってはED治療薬を利用できない場合があるからです。

問診から検査、診察、処方箋の発行

3

受付が終わると、問診票を記入します。現在の状況を正しく記載しましょう。問診票はクリニックで記入する以外に、自宅で記入する方法もあります。問診票をインターネットからダウンロードできる場合があり、こういった場合では事前に記入しておくことができます。受診にかかる時間を短縮することができるため、余裕があれば事前に記入しておくのもおすすめです。

問診票の記入が終わると、次は診察となります。問診票に記入した内容を元に診察を行い、必要であれば検査も行います。検査内容は血圧や脈拍、心電図といったもので、健康診断で問題がなかった場合には改めて検査を行わないこともあります。健康診断の結果を保管している場合には、持っていくといいでしょう。

診察の結果EDであると判断された場合には、多くの場合でバイアグラを始めとしたED治療薬が処方されます。ED治療薬はクリニックで受け取る場合が多いですが、院外の薬局で受け取るケースもあります。

かかる費用と薬を手に入れるまでの時間

ED治療を専門に取り扱うクリニックを受診すると、当然ながら費用がかかります。費用については、バイアグラなどのED治療薬の薬代だけでいいのか、それとも別に診療費がかかるのかによっても変わります。

バイアグラやレビトラ、シアリスといった薬の代金は、種類や錠剤の大きさによっても変わります。最も一般的なバイアグラの大きさ「25 mg」の場合、1錠で1,300円程度となっています。近年はジェネリック医薬品も登場していることから、もう少し安価で手に入れることも可能です。

たとえば横浜にあるイースト駅前クリニック横浜院の場合、バイアグラ25 mgが1錠1,300円なのに対し、ジェネリックでは1錠550円となっています。初診料や再診料、検査代がかかるかはクリニックによっても異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

クリニックを受診してからED治療薬を受け取るまでの時間は、それほど長くはありません。クリニックの受付人数や検査の有無によっても変わりますが、早いところだと来院から処方まで10分程度で済む場合もあります。

クリニックに行けない人はスマホ診察

来院から処方までのスピードが早くても、自宅や職場からクリニックまでの距離が遠いと通院するのが大変です。そのような場合におすすめなのがスマホ診察です。スマホ診察とはスマホやパソコンのビデオ通話を利用して、医師の診察と薬の処方が受けられるサービスです。このサービスを利用すればクリニックに行かずに診察から薬の処方まで受けられるので、クリニックに行くまでに時間がかかる人も気軽にED治療を始められます。

横浜市とは

横浜市は、東京湾に面した港湾都市です。神奈川県の最大都市であり、県庁所在地でもあります。横浜市は港湾都市というイメージが強くありますが、実は内陸部の面積もかなり広く、北部は川崎市や東京都の町田市と境を接しています。

また、南部で隣接している都市は、鎌倉市や横須賀市です。横浜の人口は、2016年6月現在で3,732,539人となっています。人口の推移は戦中に多少減少したものの、1951年(昭和26年)に100万人を超え、1968年には名古屋市を追い抜きました。そして、1978年(昭和53年)には大阪市を追い抜き、東京都の区部に次いで全国第2位の人口を擁しています。

横浜市の発展と港の発展は切り離すことができません。地方の寒村に過ぎなかった横浜村の運命を変えたのは、ペリー率いる黒船の来航でした。太平洋航路の拠点港として、捕鯨の基地として、どうしても日本を拠点にしたかったペリーは六浦藩小柴村沖(今の金沢区八景島周辺)に、江戸幕府の許可を得ることなく2ヶ月間無断で留まりました。その後幕府の対応を待って横浜方面に進み、横浜村の沖で外交交渉が行われました。その際に結ばれた日米修好通商条約によって、横浜村に港が開港され、現在の横浜市の発端となっています。

横浜市のバイアグラ事情

横浜市でバイアグラを処方できるクリニックや医院は、約90施設を数えています。特に多い地域は、横浜市中区の15施設です。横浜市は戦後東京のベッドタウンとして、また横浜港を抱える港湾都市として、人口が急増してきました。人口の増加に伴ってストレス社会としての側面が発生してきたことが、EDの悩みを持つ患者の増加につながっていると考えられます。

特に、都心部に通勤で通うサラリーマン層にその傾向が顕著で、EDの悩みを持っていながら相談できずにいたり、治療に踏み切れずにいたりするケースが多いようです。また、ED治療を行っているクリニックの存在は知っていても、恥ずかしくて治療に踏み切れないでいる人も多数見受けられます。

そのような現状をふまえて、EDの治療を受けることは決して恥ずかしいことではないということや、EDはバイアグラなどの治療薬で改善する病気であるということなどの意識改革の必要性が迫られています。気軽に相談ができたり、治療が受けられるクリニックを増やす取り組みや、バイアグラなどの錠剤が手軽に処方してもらえるクリニックの認知度を高めることが、これからの横浜市には必要です。

バイアグラの処方を受けるならイースト駅前クリニック

ED治療薬としても最も一般的なものは、バイアグラです。バイアグラは1990年に日本で販売が開始された薬で、日本で最初に販売されたED治療薬でもあります。バイアグラを服用するとPDE-5という酵素の働きを阻害し、これによって海綿体に正常に血液が送られるようになります。

バイアグラ自体に性欲を向上させるような効果はなく、あくまでも性的刺激を受けたときに正常な反応ができるようになる、という薬です。バイアグラを服用後は40分~1時間程度で効果が出始め、4時間程度持続します。

バイアグラには副作用がありますが、顔のほてりや鼻づまりなど比較的軽い症状が現れることがほとんどです。ただし、バイアグラとの併用が禁止されている併用禁忌薬を使用した場合には重篤な副作用が現れるため、十分に注意が必要です。

また、バイアグラに関しては偽造薬も数多く出回っているため、購入の際には注意しなければいけません。クリニックで処方されているバイアグラは安全ですが、通販などで販売されているもののなかには偽造薬が混ざっている危険性があります。クリニックで処方してもらうのが恥ずかしい、面倒だからと通販などを利用するケースもありますが、安全を考えるならイースト駅前クリニックでの処方がおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加