お酒の力を借りなければパートナーを誘えないという方も少なくありません。しかし、バイアグラを服用している場合は飲酒しても良いのでしょうか。今回は、ED治療とアルコールの関係についてご紹介します。

お酒

ED治療薬とアルコールの相互作用は?

一般的には、薬の服用とアルコールの摂取は避けた方が良いといわれていますが、ED治療薬の場合はどうでしょうか。
現在日本で認可されているED治療薬であるバイアグラやシアリス、レビトラに含まれている有効成分は、アルコールとの相互作用がありません。つまり、効果に影響をもたらしたり、規定外の副作用を引き起こしたりすることはないのです。
そのため、医学的観点からいっても、ED治療薬とアルコールを同時摂取することは問題がないとされています。

適量の飲酒はED治療薬の効果アップ?

アルコールの摂取が、ED治療を手助けすることもあります。

EDの原因は人によってさまざまですが、ストレスや緊張、性交時における過去のトラウマなど、心理的・精神的な理由によって引き起こされていることも少なくありません。

一方で、「酒は憂いの玉箒(たまははき)」とことわざにもあるように、お酒を飲むことにはストレスを緩和させる効果があります。

つまり、心理的・精神的な理由からEDを発症している場合は、適度なアルコール摂取によってその原因を払しょくし、バイアグラの効果を手助けする可能性があります。

ただし、あくまでも適度な飲酒にとどめるということを忘れてはいけません。過度な飲酒は、ED治療薬との併用にかかわりなく、体に悪影響を与える可能性が高まります。

ED治療薬を服用しての過度な飲酒はNG!

お酒

過度に飲酒をした場合、アルコールが脳機能や神経伝達を鈍らせて男性機能が低下します。
そのため、たとえバイアグラなどのED治療薬を服用したとしても、アルコールの影響で効果が十分に発揮されない可能性が高いでしょう。

また、ED治療薬は、性的興奮を高める薬ではなく、血管を拡張させて勃起を促進させる薬です。ED治療薬と飲酒を同時に行った場合、血管拡張作用によって通常よりもお酒が回りやすくなってしまいます。お酒が弱い人であれば、性行為をするどころではなくなるくらい酔っ払ってしまうかもしれません。

ED治療薬は、お酒と同時摂取することで血圧が急激に下がるとの報告もあるため、心臓に過度な負担をかけないためにも、飲み過ぎには注意したいところです。

そもそもED治療薬を服用するしないにかかわらず、お酒の飲み過ぎは重大な症状を引き起こすだけでなく、命にかかわる危険性を伴う行為であるため、適切な飲酒量を守るようにしましょう。

適切な飲酒量とは?

ED治療薬の効果を邪魔せず、ストレスや緊張を緩和させてくれるのに適切な飲酒量とはどのくらいなのでしょうか。

一般的には、1日20~25gのアルコール量が適量だとされています。
具体的な飲酒量は、以下の通りです。

  • ビール:500ml(中瓶1本)
  • 日本酒:180ml(1合)
  • 焼酎:90ml(0.5合)
  • ワイン:240ml(2杯)
  • ウイスキー:60ml(シングル2杯)

ただし、お酒の強さは人によって異なるため、個人差が大きいということを覚えておきましょう。
自分がどの程度飲めばほろ酔いくらいになるかを、あらかじめ把握していることが大切です。

また、「自分はお酒が強いから」という理由で適正量を超えてしまう方もいますが、前述の通り、バイアグラなどのED治療薬を服用した後は、その血管拡張作用によって通常よりもお酒が回りやすくなっているということを忘れないようにしてください。

精神安定剤を併用する場合の飲酒は厳禁

心理的・精神的な理由によってEDを発症している場合、バイアグラなどのED治療薬とともに精神安定剤を処方される場合があります。

精神安定剤は、性交前の気持ちを落ち着かせる効果があるため、安心してパートナーとのすてきな夜を過ごすことができます。
しかし、ED治療薬と異なり、精神安定剤はアルコールと同時に摂取することは禁止されています。強い眠気や記憶障害、ろれつが回らなくなるなどの副作用が強く出てくる可能性があるため、注意しましょう。

どうしてもED治療薬と精神安定剤を併用する際に、お酒も飲みたいという場合は、最低でも2時間以上は空けることをおすすめします。
その場合も、適量を意識して決して飲み過ぎないことが大切です。

アルコール性肝障害を持っている時のED治療薬は?

バイアグラなどのED治療薬は、肝臓で代謝されることで効果を発揮する薬であることをご存じでしょうか。
肝機能が低下している場合、ED治療薬の効果が十分に発揮されない場合があります。

アルコール性肝障害は、アルコールが原因で発症する、さまざまな肝臓の疾患です。
軽度のアルコール性脂肪肝やアルコール性肝炎の場合は、ED治療薬の服用はしても良いことになっていますが、肝硬変など、重度な肝機能障害の場合は服用できません。

普段から暴飲暴食や過剰な飲酒を繰り返しており、肝障害の可能性がある方は、ED治療の診察の際に医師に相談するようにしてください。

バイアグラなどED治療薬はクリニックで処方してもらうことが可能です。
症状や体質にあったED治療薬を服用するには、ED治療を専門に取り扱うクリニックでの受診をおすすめします。
「イースト駅前クリニック 新橋院・新宿院」では、薬の値段のみで初診・再診料は無料です。
土日祝日も診察しているので、空いているときに気軽にいくことができます。
EDで悩んでいる人はまずは相談してみましょう。

ED治療は
イースト駅前クリニック