50代になってしまったら、EDは仕方ないと諦めるしかないのでしょうか?たしかに加齢による体の衰えは避けられませんが、症状を正しく理解し、適切な処置をすればまだまだ現役で頑張れるはずです。

薬を飲む高齢者

50代の30%がEDで悩んでいる

ED(勃起不全)に悩む男性は意外と多く、日本の成人男性の3分の1にもなるといわれています。EDといえば中高年の男性が患う病気と考えられてきましたが、最近では20~30代のED患者も多くなり、若い世代の患者数増加が全体の割合を押し上げているのです。
しかし、依然として40代後半以降の男性のほうが、EDになる割合が多いことには変わりません。ED患者数の割合は40代では15%程度ですが、50代になると倍の30%にまで跳ね上がります。50~60代だけでみると半数の男性がEDに悩んでいるというデータもあります。

EDの症状とは?

EDとは「まったく勃起しないこと」であると勘違いしている人が、まだ多く存在します。正しくは、「十分に勃起することができず、性行為に支障をきたすことがある状態」をEDといいます。性行為はできているが十分に硬く勃起しない場合や、勃起状態を持続できずにいわゆる「中折れ」してしまう場合もEDの症状にあたるのです。EDの症状に対する正しい理解がないために症状を見過ごしてしまい、「自分の性機能は正常だ」と考えている人も多くいるのではないでしょうか。
特に、中折れの症状が出始める人の多くは40代からで、それはすでにEDの始まりなのです。「たまには勃起するのでまだ大丈夫」、「EDなどではない」と考えていると、治療を行うタイミングを失ってしまいます。満足できる性生活を取り戻すためには、まずはEDに対する正しい知識を身につけ、自分の症状を直視することが大切です。

ED治療を受けない人が多い?

日本では、EDを自覚している人が必ずしも行動に移している訳ではないようです。「もう歳なので仕方がない」「医者に相談するのも気が引ける」などと、症状を放置してしまっている人が多く存在します。アメリカに比べると、およそ10分の1のED患者しか医療機関を訪れていないという集計もあります。
アメリカではED治療が一般に広く認知されており、治療を受けやすい環境が整っているという事情もありますが、近年では日本でも医療機関での処方やカウンセリングの実施など、ED患者を取り巻く環境は整いつつあるといえます。ED治療を諦めている人の多くは、本当は以前のような充実した性生活をまた満喫したいと思っているに違いありません。気恥ずかしさだけで治療を諦めてしまわず、勇気を出して治療を受けてみるべきです。

日々の生活を見直しつつバイアグラを利用

野菜を摂る

バイアグラのようなED治療薬は、即効性という点では非常に優れています。ただし、個人輸入などで購入すると、薬の品質が十分でなかったり、そもそも偽物をつかまされたりしますので、やはり医師に相談することをおすすめします。
バイアグラは陰茎の血管を拡張して血流を促進し、勃起しやすくする効能があります。普段から立ちが悪いことをどのように改善したらよいか悩んでいる人には、期待通りの効果を発揮するでしょう。

EDの症状は、精神的なプレッシャーなどからも引き起こされます。「いつも中折れしてしまう」、「またパートナーを満足させられなかったらどうしよう」などといった心理的ストレスも、EDの症状を悪化させる原因です。バイアグラを使うことでこのような不安や心配を払拭して、自信を取り戻すことができれば、症状改善の一助になります。

バイアグラで自信を取り戻すことと並行して、日々の生活の中で体質を改善していくこともED改善に効果があります。亜鉛などの成分を摂取するなどして、積極的に精力を増強させてみましょう。サプリメントなどを利用してもよいかもしれません。
また、生活習慣病などで血管の状態が悪くなると、それだけで陰茎への血流が弱くなり、勃起しにくくなります。50代になるとこれまでの不摂生によって、糖尿病などの生活習慣病が出始める人もいるでしょう。健康な体を取り戻すこともED治療に大きく影響しますので、普段の食生活などを見直すきっかけにしてください。

50代のED治療は「バイアグラ」と「健康管理」

50代になるとEDの症状自体を「仕方ない」と思い、改善を諦めてしまう人が多くなります。しかし、治せるものなら治したいと願っている人が多くいることも事実です。バイアグラも、以前よりはずいぶん広く利用される薬になりました。医療機関で処方してもらい適切に使用すれば、多くの悩みが解決することでしょう。同時に、EDの症状を促進してしまわないように生活習慣を見直せば、さらに健康な性生活を送ることができます。
50代からのED治療は、バイアグラの適切な使用と健康管理によって進めてください。

バイアグラなどED治療薬はクリニックで処方してもらうことが可能です。
症状や体質にあったED治療薬を服用するには、ED治療を専門に取り扱うクリニックでの受診をおすすめします。
「イースト駅前クリニック 新橋院・新宿院」では、薬の値段のみで初診・再診料は無料です。
土日祝日も診察しているので、空いているときに気軽にいくことができます。
EDで悩んでいる人はまずは相談してみましょう。

ED治療は
イースト駅前クリニック